LINE Bot

 

【LINE Bot 作り方】GASでLINE Botを作るための準備

LINE BUSINESS CENTER アカウントの作成

2020/7現在、アカウントはLINE official Account Managerにて、作成可能です。
LINE official Account Managerはこちら

「一般アカウントを作成する」からスマートフォンで使用中のLINEの個人アカウントでログインします。
LINE BUSINESS CENTERはこちら
 

ログインするとスマートフォンでの認証番号の入力を求められます。
 
必要事項を入力して、

 
確認画面で「完了する」を押します。

 

LINE BOTアカウント設定

続いて完了した画面にある「LINE@ MANAGER」にアクセスします。
LINE@ MANAGERはこちら

左側にあるメニューの「アカウント設定」 -> 「Message API設定」を押します。

プロバイダーを選択して、同じ画面にある「APIを利用する」を押します。

 
「LINE Developersで設定する」を押します。

作成したLINEアカウントを設定するページが表示されます。

 

Webhook送信を「利用する」に、自動応答メッセージを「利用しない」に変更します。

下の方にスクロールしたところにあるアクセストークンの再発行を押します。発行されたトークンはコード記述時に使うのでコピーしておいてください。
 

Google Apps Script準備

 
Google Driveにログイン&アクセスし、「新規」を押します。

 
「その他」 → 「アプリを追加」を押します。

 

検索ボックスに「apps」と入力し、一番上に表示されるGoogle Apps Scriptの「接続」を押します。

 

Google Apps Script作成

プログラムを実際に書いていくスクリプトファイルを作成します。先ほどのGoogle Driveの「新規」 → 「その他」に「Google Apps Script」が表示されているので押しましょう。

 

これで準備の完了です!お疲れ様でした!

【2018年 LINE Bot 作り方】GASで支出管理Botを作ってみた前のページ

Android SharedPreferencesの確認方法次のページ

関連記事

  1. LINE Bot

    【2018年 LINE Bot 作り方】GASで支出管理Botを作ってみた

    フリーランスエンジニアのyoshikiです。&nbs…

  2. LINE Bot

    【誰でもできる!】自分用LINE BOTの作り方

    \r\n\r\nどうも、ITエンジニア yoshikiです。\r\n…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. LINE Bot

    【誰でもできる!】自分用LINE BOTの作り方
  2. android

    【最短!】パッケージ名の変更方法
  3. LINE Bot

    【LINE Bot 作り方】GASでLINE Botを作るための準備
  4. LINE Bot

    【2018年 LINE Bot 作り方】GASで支出管理Botを作ってみた
  5. android

    Android SharedPreferencesの確認方法
PAGE TOP