【現役エンジニアが解説!】システムエンジニアって何?

システムエンジニアって何?

↑厳密には違います。詳しい説明はこちら

システムエンジニアは仕組みを作る仕事です。
こうゆう風にしたら仕事がはかどるとか、こんなものがあったらいいなを叶える仕事です。



身近な例でいうと、電子マネーやATM、スマートフォンのアプリ、コンビニの会計システム、
最近だと、人工知能やスマート家電などたくさんあります。
元々は人がしていた仕事が、今では当たり前に自動化されて便利になっていますね。



システムを使用する業界も、飲食店や金融、メーカー、自治体などどの業界でも必須となっており、今後も需要多くがあります。

仕事内容

システムエンジニア(SE)の仕事内容です。
全体の仕事の流れはこうなっています。

仕事の流れ

まず、要求分析です。
顧客の困っている内容を聞いて、まとめます。

次に設計。
顧客の要望をシステムで実現する方法を考えます。

そして実際にプログラミングをするコーディングです。コーディングとは、ボタンを押したら注文するというような処理の道筋(ロジック)を記入することです。

コーディングが終わったら、試験をして顧客に納品するのが大まかな仕事の流れです。
その他にシステムを作った後も、顧客の細かい要望に応えたり、質問に回答したりするメンテナンス作業(保守といいます)もあります。

システムエンジニアとプログラマーの違い

システムエンジニアとプログラマーは担当範囲に違いがあります。システムエンジニアは要求分析と設計(上流工程といいます)を担当し、顧客と近い距離で仕事をします。
それに対し、プログラマーはコーディング(下流工程といいます)を担当します。



システムエンジニアが決めたやり方でプログラマーがシステムを作るイメージです。



IT業界の構造

↑でシステムエンジニアとプログラマーの違いを説明しましたが、これは会社によってどちらを担当するかがわかれています。



大手SIer(NTTデータや日立、NEC、富士通など)がシステムエンジニア、それ以外の中堅・中小SIerがプログラマーです。



大手SIerに入社すると、最初の2,3年はプログラマーとして、修行を積み、その後はシステムエンジニアとして、プログラマーを取りまとめる立場になります。
大手SIerはITに積極的に投資する顧客をたくさん持っているので、大きなプロジェクトに顧客と近い立場で関わることができます。



一方でシステムエンジニアになると、プログラミングをする機会はほとんどなくなります。



なぜかというと、大手SIerといえども、常に仕事があるわけではありません。そのため、実際にプログラマーとしてシステムを作る人は社員ではなく、いつでも契約を終了することのできる中堅・中小SIerの会社から雇った人の方が都合がいいのです。仕事がある時だけ人を雇って、余計な人件費が掛からないようにできるので。



そのため、純粋にプログラミングだけをしたい人は、中堅・中小SIerに入社する必要があります。

僕はこれを理解しないまま入社してしまったので、やりたい仕事内容との齟齬に苦しみました笑


終わりに:ITエンジニアはプログラマーとして生きるべき

ITエンジニアはプログラマーを極めるべきです。



プログラマーの仕事はたくさんあるので、派遣やフリーランスの場合、自分のやりたい仕事を選べます。しかも需要が大きいので給料もいいです。一方で、大手SIerで若いうちからシステムエンジニアをやっていると、コーディングはできないし、その大手SIerでしか通用しない人材になります。ずっとその会社にいるのであればいいですが。。



その上、コーディングができないシステムエンジニアの場合、顧客の要望の実現可否の見極めやコーディングに必要な期間を正確に見積もることができないため、その下で働いているプログラマーにとても迷惑が掛かりますし。ほんまに良いことないです。



フリーランスを目指すのであれば、プログラマーとしてのスキルを伸ばしていきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする