Android

kotlin スコープ関数の使い方

 

apply

applyはローカル変数を書かずにオブジェクトの各プロパティを変更することができます。

画面のimageViewをタップした時に、アニメーション設定する例を以下に挙げています。

apply使用なし:

apply使用あり:

applyを使用しない場合、animatorという名前のローカル変数を作っていますが、
applyを使用すると、animateメソッドでViewPropertyAnimatorインスタンスを生成し、
続けて処理することができます。

関連記事

  1. Android

    【コルーチン】kotlinで遅延処理

    kotlinで別スレッドによる遅延処理を行います。&n…

  2. Android

    【Android Studio】よく出るエラーの解決方法まとめ

    どうも、フリーランスエンジニアのyoshikiです。&…

  3. Android

    Kotlin 内部クラス(inner)

    明示的にクラスの前にinnerと付けることで、外側のクラスのメンバ数に…

  4. Git

    MacでWindowsのGit Bashのようなブランチ名を表示する方法

    MacのターミナルでGitBashライクなGitのブランチ名表示をする…

  5. LINE

    【誰でもできる!】自分用LINE BOTの作り方

    どうも、ITエンジニア yoshikiです。&…

  1. エンジニア

    【現役エンジニアが解説!】システムエンジニアって何?
  2. LINE

    【2018年 LINE Bot 作り方】GASで支出管理Botを作ってみた
  3. エンジニア

    円満な退職の仕方
  4. プロフィール

    プロフィール
  5. Programming

    アプリ開発時に押さえておきたい2点
PAGE TOP