Android

kotlin スコープ関数の使い方

 

apply

applyはローカル変数を書かずにオブジェクトの各プロパティを変更することができます。

画面のimageViewをタップした時に、アニメーション設定する例を以下に挙げています。

apply使用なし:

apply使用あり:

applyを使用しない場合、animatorという名前のローカル変数を作っていますが、
applyを使用すると、animateメソッドでViewPropertyAnimatorインスタンスを生成し、
続けて処理することができます。

関連記事

  1. Ionic

    【初心者向け】スマホアプリ(ハイブリッド / Ionic3)の環境構築(Mac編)

    どうも、フリーランスエンジニアのyoshikiです。&…

  2. Android

    Kotlin 内部クラス(inner)

    明示的にクラスの前にinnerと付けることで、外側のクラスのメンバ数に…

  3. Android

    【Android autoSizeTextType】フォントの大きさを自動で調節する時の注意点

    ConstraintLayout上でフォントの大きさを自動調節する方法…

  4. Java

    Javaオブジェクト⇔JSONの変換はGSONを使おう

    GSONとは、Googleが提供しているJavaオブジェクトとJSON…

  5. LINE

    【誰でもできる!】自分用LINE BOTの作り方

    どうも、ITエンジニア yoshikiです。&nbs…

  6. Android

    【コルーチン】kotlinで遅延処理

    kotlinで別スレッドによる遅延処理を行います。&n…

  1. 日記

    継続するためには?
  2. 生き方

    【時間のムダ!】会社の飲み会に行かなくていい理由
  3. LINE

    【誰でもできる!】自分用LINE BOTの作り方
  4. エンジニア

    【退職決意】6月上旬に報告!退職理由について
  5. Android

    【コルーチン】kotlinで遅延処理
PAGE TOP