kotlin スコープ関数の使い方

apply

applyはローカル変数を書かずにオブジェクトの各プロパティを変更することができます。

画面のimageViewをタップした時に、アニメーション設定する例を以下に挙げています。

apply使用なし:

apply使用あり:

applyを使用しない場合、animatorという名前のローカル変数を作っていますが、
applyを使用すると、animateメソッドでViewPropertyAnimatorインスタンスを生成し、
続けて処理することができます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする