Android

kotlin スコープ関数の使い方

 

apply

applyはローカル変数を書かずにオブジェクトの各プロパティを変更することができます。

画面のimageViewをタップした時に、アニメーション設定する例を以下に挙げています。

apply使用なし:

apply使用あり:

applyを使用しない場合、animatorという名前のローカル変数を作っていますが、
applyを使用すると、animateメソッドでViewPropertyAnimatorインスタンスを生成し、
続けて処理することができます。

関連記事

  1. Android

    【Android Studio】よく出るエラーの解決方法まとめ

    どうも、フリーランスエンジニアのyoshikiです。&…

  2. Android

    【最短!】パッケージ名の変更方法

    どうも、フリーランスエンジニアのyoshikiです。&…

  3. Java

    Javaオブジェクト⇔JSONの変換はGSONを使おう

    GSONとは、Googleが提供しているJavaオブジェクトとJSON…

  4. Git

    Gitのコミットユーザー名を変更する方法

    GitでPushする前に、必ず確認しておいた方がいい内容です。&n…

  5. Programming

    アプリ開発時に押さえておきたい2点

    ヒカラボさんで開催されたセミナー『いまさら聞けない…

  6. Android

    【コルーチン】kotlinで遅延処理

    kotlinで別スレッドによる遅延処理を行います。&n…

  1. 映画

    【見ないと損!】人生で大事なことについて学べる映画
  2. Ionic

    【初心者向け】スマホアプリ(ハイブリッド / Ionic3)の環境構築(Mac編…
  3. エンジニア

    【現役エンジニアが解説!】システムエンジニアって何?
  4. 生き方

    【時間のムダ!】会社の飲み会に行かなくていい理由
  5. エンジニア

    開発キャリア2年弱でフリーランスになる話
PAGE TOP