LINE

【LINE Bot 作り方】GASでLINE Botを作るための準備

 

LINE BUSINESS CENTER アカウントの作成

「一般アカウントを作成する」からスマートフォンで使用中のLINEの個人アカウントでログインします。
LINE BUSINESS CENTERはこちら
 

ログインするとスマートフォンでの認証番号の入力を求められます。
 
必要事項を入力して、

 
確認画面で「完了する」を押します。

 

LINE BOTアカウント設定

続いて完了した画面にある「LINE@ MANAGER」にアクセスします。
LINE@ MANAGERはこちら
 

左側にあるメニューの「アカウント設定」 -> 「Message API設定」を押します。

プロバイダーを選択して、同じ画面にある「APIを利用する」を押します。

 
「LINE Developersで設定する」を押します。

作成したLINEアカウントを設定するページが表示されます。

 

Webhook送信を「利用する」に、自動応答メッセージを「利用しない」に変更します。

下の方にスクロールしたところにあるアクセストークンの再発行を押します。発行されたトークンはコード記述時に使うのでコピーしておいてください。
 

Google Apps Script準備

 
Google Driveにログイン&アクセスし、「新規」を押します。

 
「その他」 → 「アプリを追加」を押します。

 

検索ボックスに「apps」と入力し、一番上に表示されるGoogle Apps Scriptの「接続」を押します。

 

Google Apps Script作成

プログラムを実際に書いていくスクリプトファイルを作成します。先ほどのGoogle Driveの「新規」 → 「その他」に「Google Apps Script」が表示されているので押しましょう。

 

これで準備の完了です!お疲れ様でした!

関連記事

  1. Android

    kotlin スコープ関数の使い方

    applyapplyはローカル変数を書かずにオブジェク…

  2. Programming

    アプリ開発時に押さえておきたい2点

    ヒカラボさんで開催されたセミナー『いまさら聞けない…

  3. Ionic

    【初心者向け】スマホアプリ(ハイブリッド / Ionic3)の環境構築

    どうも、フリーランスエンジニアのyoshikiです。&…

  4. Git

    Gitのコミットユーザー名を変更する方法

    GitでPushする前に、必ず確認しておいた方がいい内容です。&n…

  5. Android

    【Android Studio】よく出るエラーの解決方法まとめ

    どうも、フリーランスエンジニアのyoshikiです。&…

  6. Java

    Javaオブジェクト⇔JSONの変換はGSONを使おう

    GSONとは、Googleが提供しているJavaオブジェクトとJSON…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 生き方

    【時間のムダ!】会社の飲み会に行かなくていい理由
  2. Android

    Kotlin 内部クラス(inner)
  3. Programming

    MacにWindowをインストールする簡単な方法(BootCamp)
  4. エンジニア

    円満な退職の仕方
  5. LINE

    【誰でもできる!】自分用LINE BOTの作り方
PAGE TOP