【誰でもできる!】自分用LINE BOTの作り方



どうも、ITエンジニア yoshikiです。


お店や会社で使われている公式LINEのようなアカウントを自分用に作る方法を紹介します。

グループLINEに作ったアカウントを招待して、イタズラしたり、何かの宣伝に使ったりと用途はたくさんあります。何より本当に楽しいので、ぜひやってみてください。

プログラミングの知識なしで誰でも簡単に無料でできちゃいますので、ご安心を。

どんなことができるの?



相手の入力に対して、自動で返信をすることができます。もちろん返信するメッセージは自分で設定することができます。

また、作成したアカウントと友達になっている人全員に対して、一斉にメッセージを送信できます。

準備

LINE BUSINESS CENTER アカウントの作成

スマートフォンで使用中のLINEの個人アカウントでログインします。
LINE BUSINESS CENTERはこちら


「Developer Trialを始める」を選択

-> 「会社/事業者を選択」 -> 必要事項入力

登録完了後、再度、「Developer Trialを始める」を選択し、ログイン状態を維持していれば、以下の画面に遷移します。

必要事項の入力やプロフィール画像の設定を行い、Messaging API を申し込みます。


LINE BOTアカウント設定

LINE@ MANAGER にアクセスします。
LINE@ MANAGERはこちら

「APIを利用する」を選択 -> 「確認」


ステータスが利用中に変わったことを確認し、以下2つを変更し、保存します。
 ・Webhook送信:利用する
 ・自動応答メッセージ:利用しない

「LINE Developersで設定する」にアクセスします。

「ISSUE」をクリックして、Channel Access Tokenを発行します。Channel Access Tokenは後程使用します。

webscript.ioで自動返信用のプログラムの作成

webscript.ioとは、オンライン上で、リクエストの確認をすることができるWEBサービスです。今回で言うと、LINEの友達が送信したメッセージに対して、返信するためのプログラムを保存しておくためのサービスです。

webscript.io にアクセスします。
webscript.ioはこちら

上部メニューの「Script」 -> 「Create a New Script」

プログラムの名前を入力します。LINE Developersで設定する名前になります。

「create」をクリックすると、プログラムを入力する画面に移ります。

こちらのプログラムを1行目から54行目までコピーして、↑に貼り付けましょう。


貼り付けたら、先ほどLINE Developersで発行したChannel Access Tokenを入力します。
これによって、LINEとプログラムが繋がります。

修正が終わったら、「save」しましょう。

LINE Developersの設定

LINE Developersの「edit」をクリックして、Webhook URLを設定します。


Webhook URLに自分で設定したプログラム名を以下のように入力して、「save」します。

「VERIFY」をクリックして、Successと出たら成功です。

LINEしてみよう

一通り準備が完了したので、LINEしてみましょう。
QRコードを読み取って、友達追加をしましょう。


LINEのやり取りができるはずです。

送信メッセージの設定

自動返信のメッセージ変更

現在、自動返信はプログラム上で決めた言葉になっていますが、自分の好きな言葉を設定することが可能です。プログラムを修正すれば、変更されます。

  1. 相手の入力したメッセージにキーワードがあれば、返信


  2. 例えば、相手が入力したメッセージに「誰」というキーワードが含まれている場合、「俺や!」というメッセージを返信します。


  3. ランダム返信

  4. 1のキーワード返信に当てはまらなかった場合、ランダムでメッセージを返信します。カンマを入れるのを忘れないでください。

変更が終わったら、「save」をクリックします。

友達にメッセージを一斉送信

LINE@ MANAGER にアクセスします。
LINE@ MANAGERはこちら

自分のアカウント選択 -> メッセージ -> 新規作成



テキストやスタンプを入力して、「送信」をクリックすると送信されます。

終わりに:プログラミング楽しいよ!

自分用のLINEアカウントを作る方法を紹介しました。

少し手間はかかりますが、LINEグループに招待して、みんなが反応することを想像しながら、楽しんで手順を進めることできたのではないでしょうか?

こういったプログラムは身の周りに実はたくさんあります。スマホのアプリやコンビニのレジ、電子マネーなどどこにでも存在します。

今回は「LINE」という非常に身近なアプリに関わるプログラムでしたが、このように楽しみながら作ることのできるものから始めていくと、プログラミングに苦手意識のある方も進めやすいのではないでしょうか。


プログラミングに少しでも興味を持っていただければ幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする