Java

Javaオブジェクト⇔JSONの変換はGSONを使おう

GSONとは、Googleが提供しているJavaオブジェクトとJSONデータの変換を行うライブラリです。主に、画面側からJSONデータ(文字列)をサーバ側に送信した後に、Javaオブジェクトに変換する時などに使用します。非常に簡単に変換できるので、とても便利です。
 
 
今回はそのGSONの使い方をインストール方法から説明します。
 

GSONのインストール

githubからインストールします。
https://github.com/google/gson

ソースコードの所ではなく、下にスクロールした「Gson Download」リンクをクリックします。

 
続いて、「com.google.code.gson : gson : 2.8.1」リンクをクリックします。

 
以下3つのjarファイルをダウンロードします。

  • gson-2.8.1-javadoc.jar
  • gson-2.8.1-sources.jar
  • gson-2.8.1.jar


 
 
Eclipseで使用したいプロジェクト右クリック→プロパティ→javaのビルドバス→ライブラリタブ→外部JARの追加より追加する。
 
 
さて準備ができたので、使ってみましょう。
 
 

gson.toJson(Javaオブジェクト⇒JSON)

 

 
 

gson.fromJson(JSON⇒Javaオブジェクト)

 

関連記事

  1. Android

    【最短!】パッケージ名の変更方法

    どうも、フリーランスエンジニアのyoshikiです。&…

  2. Android

    Kotlin 内部クラス(inner)

    明示的にクラスの前にinnerと付けることで、外側のクラスのメンバ数に…

  3. Git

    Gitのコミットユーザー名を変更する方法

    GitでPushする前に、必ず確認しておいた方がいい内容です。&n…

  4. Android

    kotlin スコープ関数の使い方

    applyapplyはローカル変数を書かずにオブジェク…

  5. LINE

    【LINE Bot 作り方】GASでLINE Botを作るための準備

    LINE BUSINESS CENTER アカウントの作成2020/…

  6. LINE

    【誰でもできる!】自分用LINE BOTの作り方

    どうも、ITエンジニア yoshikiです。&…

  1. エンジニア

    開発キャリア2年弱でフリーランスになる話
  2. Android

    【Android Studio】よく出るエラーの解決方法まとめ
  3. Android

    【Android autoSizeTextType】フォントの大きさを自動で調節…
  4. Git

    MacでWindowsのGit Bashのようなブランチ名を表示する方法
  5. エンジニア

    サラリーマンエンジニアは一回個人で仕事を受けてみるべき
PAGE TOP