Java

Javaオブジェクト⇔JSONの変換はGSONを使おう

GSONとは、Googleが提供しているJavaオブジェクトとJSONデータの変換を行うライブラリです。主に、画面側からJSONデータ(文字列)をサーバ側に送信した後に、Javaオブジェクトに変換する時などに使用します。非常に簡単に変換できるので、とても便利です。
 
 
今回はそのGSONの使い方をインストール方法から説明します。
 

GSONのインストール

githubからインストールします。
https://github.com/google/gson

ソースコードの所ではなく、下にスクロールした「Gson Download」リンクをクリックします。

 
続いて、「com.google.code.gson : gson : 2.8.1」リンクをクリックします。

 
以下3つのjarファイルをダウンロードします。

  • gson-2.8.1-javadoc.jar
  • gson-2.8.1-sources.jar
  • gson-2.8.1.jar


 
 
Eclipseで使用したいプロジェクト右クリック→プロパティ→javaのビルドバス→ライブラリタブ→外部JARの追加より追加する。
 
 
さて準備ができたので、使ってみましょう。
 
 

gson.toJson(Javaオブジェクト⇒JSON)

 

 
 

gson.fromJson(JSON⇒Javaオブジェクト)

 

関連記事

  1. Git

    MacでWindowsのGit Bashのようなブランチ名を表示する方法

    MacのターミナルでGitBashライクなGitのブランチ名表示をする…

  2. LINE

    【誰でもできる!】自分用LINE BOTの作り方

    どうも、ITエンジニア yoshikiです。&nbs…

  3. Ionic

    【初心者向け】スマホアプリ(ハイブリッド / Ionic3)の環境構築(Mac編)

    どうも、フリーランスエンジニアのyoshikiです。&…

  4. Android

    Kotlin SAM変換

    SAM変換ボタンクリック時の処理を例にコードを書いてみ…

  5. Android

    アプリ開発前に絶対にするべき要件定義

    これからスマホアプリを作る人が開発前にこれだけは!考えるべきことについ…

  6. Android

    Kotlin 内部クラス(inner)

    明示的にクラスの前にinnerと付けることで、外側のクラスのメンバ数に…

  1. エンジニア

    開発キャリア2年弱でフリーランスになる話
  2. LINE

    【2018年 LINE Bot 作り方】GASで支出管理Botを作ってみた
  3. Programming

    MacにWindowをインストールする簡単な方法(BootCamp)
  4. 生き方

    やりたいことを見つけるための具体的な3つの方法
  5. Android

    【最短!】パッケージ名の変更方法
PAGE TOP