【コルーチン】kotlinで遅延処理

kotlinで別スレッドによる遅延処理を行います。


10秒待った後に、testActivityからTest2Activityに遷移する方法を何通りか洗い出していきます。


Handler

初めにHandlerを使う方法です。UIスレッドで実行が必要な場合は、Handlerを使う方法が簡単です。

コルーチン

次にコルーチンを使う方法です。導入方法からです。

【app/build.gradle】

【project/build.gradle】

Sync nowを押せば導入完了です。

launch {}の中の処理は別スレッドになります。Intent処理はUIスレッドで実施する必要があるので、外に関数で出しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする