Android

【コルーチン】kotlinで遅延処理

kotlinで別スレッドによる遅延処理を行います。
 
 
10秒待った後に、testActivityからTest2Activityに遷移する方法を何通りか洗い出していきます。
 
 
 

Handler

初めにHandlerを使う方法です。UIスレッドで実行が必要な場合は、Handlerを使う方法が簡単です。
 

 

コルーチン

次にコルーチンを使う方法です。導入方法からです。

【app/build.gradle】

【project/build.gradle】

Sync nowを押せば導入完了です。
 

launch {}の中の処理は別スレッドになります。Intent処理はUIスレッドで実施する必要があるので、外に関数で出しています。

関連記事

  1. Java

    Javaオブジェクト⇔JSONの変換はGSONを使おう

    GSONとは、Googleが提供しているJavaオブジェクトとJSON…

  2. Ionic

    【初心者向け】スマホアプリ(ハイブリッド / Ionic3)の環境構築(Mac編)

    どうも、フリーランスエンジニアのyoshikiです。&…

  3. Git

    Gitのコミットユーザー名を変更する方法

    GitでPushする前に、必ず確認しておいた方がいい内容です。&n…

  4. Android

    【Android autoSizeTextType】フォントの大きさを自動で調節する時の注意点

    ConstraintLayout上でフォントの大きさを自動調節する方法…

  5. Android

    Kotlin SAM変換

    SAM変換ボタンクリック時の処理を例にコードを書いてみ…

  6. Android

    kotlin スコープ関数の使い方

    applyapplyはローカル変数を書かずにオブジェク…

  1. Android

    【Android autoSizeTextType】フォントの大きさを自動で調節…
  2. Android

    Kotlin SAM変換
  3. エンジニア

    【現役エンジニアが解説!】システムエンジニアって何?
  4. Programming

    MacにWindowをインストールする簡単な方法(BootCamp)
  5. 生き方

    【時間のムダ!】会社の飲み会に行かなくていい理由
PAGE TOP