Android

【コルーチン】kotlinで遅延処理

kotlinで別スレッドによる遅延処理を行います。
 
 
10秒待った後に、testActivityからTest2Activityに遷移する方法を何通りか洗い出していきます。
 
 
 

Handler

初めにHandlerを使う方法です。UIスレッドで実行が必要な場合は、Handlerを使う方法が簡単です。
 

 

コルーチン

次にコルーチンを使う方法です。導入方法からです。

【app/build.gradle】

【project/build.gradle】

Sync nowを押せば導入完了です。
 

launch {}の中の処理は別スレッドになります。Intent処理はUIスレッドで実施する必要があるので、外に関数で出しています。

関連記事

  1. LINE

    【誰でもできる!】自分用LINE BOTの作り方

    どうも、ITエンジニア yoshikiです。&…

  2. Git

    Gitのコミットユーザー名を変更する方法

    GitでPushする前に、必ず確認しておいた方がいい内容です。&n…

  3. Programming

    MacにWindowをインストールする簡単な方法(BootCamp)

    どうも、フリーランスエンジニアのyoshikiです。&…

  4. Java

    Javaオブジェクト⇔JSONの変換はGSONを使おう

    GSONとは、Googleが提供しているJavaオブジェクトとJSON…

  5. Android

    Kotlin 内部クラス(inner)

    明示的にクラスの前にinnerと付けることで、外側のクラスのメンバ数に…

  6. Android

    【最短!】パッケージ名の変更方法

    どうも、フリーランスエンジニアのyoshikiです。&…

  1. Android

    【Android autoSizeTextType】フォントの大きさを自動で調節…
  2. 生き方

    やる気が出ない時の対処法
  3. 生き方

    いつも遅刻する人との正しい付き合い方
  4. Android

    kotlin スコープ関数の使い方
  5. Ionic

    【初心者向け】スマホアプリ(ハイブリッド / Ionic3)の環境構築
PAGE TOP